種類と特徴をおさえておけば完璧!スズメバチ駆除のマニュアル

木に止まる蜂

スズメバチ駆除の前にハチの種類を確認してみよう

巣が見える蜂のタイプ

スズメバチが特に活発になるのは、暑い季節ですが、実は梅雨に対策することで効果的にスズメバチ駆除をすることができます。

土の中に巣を作るケースもある

スズメバチには、たくさんの種類がいます。巣が確認できる場合、その特徴から種類を判断することが可能です。スズメバチ駆除を行なう前に調べてみましょう。

スズメバチ駆除と修繕の関係

▼ コガタスズメバチ
初期のコガタスズメバチの巣はトックリを逆にしたような形をしていて、段々ボール型に成長していきます。コガタスズメバチの巣は木の枝や建物などにぶら下がった状態で作られていることが多いです。また、巣を作る木にもこだわりがあります。木の丈が高すぎず太い枝があり、一年を通して緑葉がある『椿・金木犀・サザンカ・ハナミズキ』などに巣を作ります。また、生け垣にも好んで巣を作ります。
▼ キイロスズメバチ
とても大きなボール型の巣の場合は、キイロスズメバチの可能性が高いです。仲間が少ない間は屋根裏などの暗い場所を選んで巣を作りますが、仲間が増えてくると軒下などの広い場所や簡単に出入り出来る場所に移動し、短期間で新しく巣を作ります。お盆が終わる時期に大きな巣が出来ていたらキイロスズメバチと思ってよいでしょう。

蜂の巣は、頭上に気を付けるだけではありません。スズメバチの中でも、オオスズメバチという種類は土の中に巣を作ります。土手などの段差を利用したり、木の根っこの隙間部分を利用して巣を作るため、遠くから見ると巣があることは確認しづらいです。巣は外側の皮が捲れたようなペラペラしている部分が複数あり、そこから出入りしています。オオスズメバチは毒性が大変強い為、その姿を確認できた時点で、スズメバチ駆除を依頼しましょう。

専門業者に依頼すれば、 安全にスズメバチ駆除 をしてくれます。駆除の知識だけではなく、リフォームや内装に関する知識が深い専門業者なら、もし巣の駆除の際に家の一部を傷付けることになってしまっても、その後の費用を最小限に抑えられるように考慮してくれます。 "

TOPボタン